家庭教師への道はまずは面接からはじまる

家庭教師入門

最終更新日:2014/10/17

家庭教師への道はまずは面接からはじまる

家庭教師は面接が重要です。
出かける時から面接は始まっています。 服装や髪型等の身だしなみにも気をつけましょう。
子供を預ける保護者は家庭教師がどのような人物でどのような指導力があるのかが気になる点です。
家庭教師としての自覚を持ち、訪問先に遅れないように10分前には到着しましょう。
到着したら挨拶を交わし、自己紹介をします。 焦らずにハッキリした口調で落ち着いて話すように心がけます。
家庭教師のシステムや指導方法、学習の進め方等を一通り説明します。
また、相手側の要望や気になっている点も確認しておきましょう。 時間や曜日、料金については後々トラブルにならないように、しっかり説明しお互いの理解を深めておくようにしときます。
最後に何か質問がないかも聞いておきましょう。
充実した家庭教師を送るためにも、面接での印象を良くするように気をつけましょう。
家を出る前から面接は始まっています。
お子さんや保護者の立場にたって安心感を与え、面接を成功させましょう。

家庭教師は個別指導のため生徒の理解力に合わせられる。

家庭教師とは、生徒の自宅に訪問して勉学を教える教師のことをいいます。
教師は会社に就職して特別な研修や知識を仕入れた社員もいれば、独自に事業を設立して単独で営業から教師まで行っている方もいれば、大学生がアルバイトで行っている場合もあり様々です。
各個人の家庭でマンツーマンの指導が行われる事が多いため、他の学習塾や学校と異なり対象となる生徒の理解度にあわせて勉強の進め具合やカリキュラムを決められます。
そのため苦手分野では克服できるよう念入りに指導したり、得意分野では確認程度で終わったりできるなど、時間の有効活用が出来る点がメリットといえます。
しかし注意点としては、前述したとおり教師には色んな種類の人間がいるため、実績を重視したいという方や、兄弟のように年が近い先生に教えてもらいたい方など希望があれば依頼先は慎重に選ぶ必要があります。
家庭教師に依頼する利点として、部活が忙しく塾に行く時間がないという場合や、他の生徒に比べて理解度が遅かったり、ある一定の教科だけ専念して勉強したいと感じる場合には家庭教師の個別指導が活かされます。
他にも塾へ行っているが成績が伸びないという場合にも、塾の進行具合と生徒の理解度が合っていない場合も考えられるため、個別指導を検討しても良いのではないでしょうか。
良い大学に行く事や勉強が人より優っていることが全てではありませんが、自分の希望する進路に近付くために必要ならば、よりよい教師と出会う事も大切です。

pickup

表札 取り付け
http://www.hyousatuya.com/torituke.html
オメガ オーバーホール
http://housekihiroba-repair.jp/price/omega/
海外発送サービスの【ポスティ】
http://www.postty.com/
ナチュラル雑貨
http://www.rakuten.co.jp/auc-sbase2008/
メガネ アイワ 葛西
http://www.wink-ch.co.jp/shop/300408.html

最終更新日:2016/11/11


ページの先頭へ

Copy Right (C) 家庭教師入門 All Right Reserved